ああ、懐かしの

漫画が本棚からまたひとつ。ひすゎし先生のジャンプコミックス「CAN☆キャンえぶりでい」(全5巻)を発掘しました。
知らない人のほうが多いでしょうが無理もない。なにせ、同時期の連載作品は「ウイングマン」(桂正和作)「キャプテン翼」(高橋陽一作)「キャッツアイ」(北条司作)「Dr・スランプ」(鳥山明作)だったりしますから。うわー。

ある日、修行のために魔界からやってきた魔女キャン。誰かの願いをひとつだけかなえるという目的の途中で出会った高校一年の伏魔充(ふくまみつる)の家に居候し、日々ドタバタな毎日を送る、というのがおおまかなあらすじ。

今ふうに考えればいかにも萌設定ですが、温かみのある絵柄、適度なコメディとラブ、そして毒のないドラマと、健全な「少年漫画」。キャラも「デスダヨ」口調で喋るキャンは裏表のないとても良い娘であり、そのキャンに魅かれる充も、少年漫画キャラらしく、ややお調子者でおっちょこっちょいですが、やるときはやる少年と、心底まっすぐな王道作品なのですよ。

昨今の漫画にはない安心感があるので、漫画好きには一度薦めたいのですが、年代物なので見つけるのはかーなーり至難の業かと。コンビニ売りでもいいから再販してくれないですかねー。
スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

fake

Author:fake
管理人FAKEが日々気ままに戯言を書きつらねています。

リンク
最新トラックバック
検索フォーム