「太陽の黙示録 建国編」9巻

かわぐちかいじ先生作の大作がいよいよ完結。
全世界的食料危機のなか米中両大国に狙われた再生特区と南日本。この状況を突破して日本統一を果たすには、宿敵ともいえる舷一郎と宗像が手を握るしかないのだが、果たして両者は分かり合えるのか―――。

三国志をベースに大地震で破壊された日本を描いた物語もとうとう大団円へ。
オチはある程度予想してた流れとはいえ、やはり長期連載の完結は感慨深いものがあります。かわぐち先生本当にお疲れ様でしたと言いたいのですが、この方、モーニングでも「僕はビートルズ」を連載中なので、ぜんぜん休まないんですよねー。ベテランなのに恐るべき創作意欲。この十分の一でも富樫先生が働いてくれたら・・・・・・。

僕はビートルズ(1) (モーニングKC)僕はビートルズ(1) (モーニングKC)
(2010/08/23)
かわぐち かいじ

商品詳細を見る


太陽の黙示録 建国編 9 (ビッグコミックス)太陽の黙示録 建国編 9 (ビッグコミックス)
(2011/01/28)
かわぐち かいじ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Tag:漫画  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

fake

Author:fake
管理人FAKEが日々気ままに戯言を書きつらねています。

リンク
最新トラックバック
検索フォーム