オエーッ

胃腸の具合が悪く、仕事にも私生活にも影響ありまくりなので、病院で内視鏡検査を受けてきました。早い話胃カメラなんですが、なに気に人生初胃カメラ。リアル触手プレイということで前日からビクンビクンもといビクビクしてました。
当日の過程は、病院に着いた後、検査室に呼ばれ、胃の粘膜を除く薬を紙コップでグビリ。これは不思議な甘さがあって平気だったんですが、その後口にした氷状の喉麻酔薬がクッソ苦い。舐めて溶かしてゴクゴクと飲むごとに喉が麻痺していくのがわかるのが不快。
さて、氷がなくなったら、いよいよ本番。
リング状のマウスピースを口にはめ、空気嫁状態になったらベッドに横になる。
「カメラが通りますが、ちゃんと息できますから、落ち着いて鼻から吸って口から吐いてくださいねー」と言う看護師さんの言葉と共にカメラ挿入。その瞬間。
「オエーッ!」
なんと説明したものか、あの感覚。自分の食道をリアルに実感したのは生まれて初めてで、やわらかいパイプを長い何かが通る不快感に軽くパニック。それでも知ったことかと侵入を図る胃カメラ様に白旗上げそうになりましたが「呼吸、呼吸」と意識すると、なんとか冷静に。頭の中ではサンドウィッチを持ったシルクハットのオッサンが「呼吸のパゥワー」とのたまってる幻覚が踊ってましたが。
まあ正直、びっくりした最初以外は痛くも痒くもなく、一通り体内を調べた後五分~十分程で検査終了。結果としては特に目立った異常もなく、軽い消化不良じゃないかとのこと。
嫌なことにならずにホッと一安心といったところですが、気を抜いてまた具合を悪くしては意味が無いので、食生活にはもっと気を配らなければ。
以上。お口の処女を失ったFAKEでした。
スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

fake

Author:fake
管理人FAKEが日々気ままに戯言を書きつらねています。

リンク
最新トラックバック
検索フォーム