前夜祭終了

結局今回のコンフェデレーションズ杯は戦前の予想通りというか、三戦全敗で幕を下ろしましたねぇ。まあ、面子的に覚悟を決めていたのでそれほど絶望感はありませんが、W杯本番前に様々な課題が浮き彫りになったことが大事なんでしょう。特に守備の強化は重要。三戦で9失点はいくらなんでも取られすぎですしね。

イタリア戦

日本● 3-4 ○イタリア

最近はそうでもないですが、堅守カテナチオのイメージが強いイタリアと、守備的なサッカーが多い日本の一戦なので、ロースコアな展開を想像していたんですが、蓋を開ければ点の取り合いドツキあいな乱打戦。見ていて楽しい試合ではありましたが、結果は4-3で日本の負け。最後に勝ちきるあたりが強豪の強豪たる所以か。

メキシコ戦。

日本● 1-2 ○メキシコ

やっぱり日本にとって組織的な欧州サッカーよりも個人プレーの妙を魅せる南米サッカーのほうが相性は悪いんでしょうか。というか、速攻プレスをコンスタントにかけられると失速してしまうのが日本のパスサッカーの現状。修羅的運動量でそれをカバーするにしても過密日程の大会ではそれも難しいし。むうう。

初戦でヘコまされ、次戦でワクワクし、最後にまたヘコまされるという調教プレイのような大会でしたが、一年後にはW杯が待っているので選手達には落ち込まずに切り替えていってほしいものです。世界相手ではどんなに悔しい結果でも得られるもののほうが多いのですから。
にしても今大会でのザキオカこと岡崎選手はすばらしかった。シュツットガルトからの移籍が噂されてますが、これがいい追い風になるといいですねぇ。

「ハートヒス」更新しました。
やべっ、ひさしぶりで着色方法忘れかけてた。やっぱ、たまには作業しないといけませんわん。
スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

fake

Author:fake
管理人FAKEが日々気ままに戯言を書きつらねています。

リンク
最新トラックバック
検索フォーム