「MOONLIGHT MILE」21巻

「MOONLIGHT MILE」の最新21巻が本日発売されたので購入。

学生登山家である日本人猿渡吾郎と、アメリカ人ジャック・F・ウッドブリッジが、次世代エネルギー開発のために宇宙開拓を目指す時代を背景に、月への道「MOONLIGHT MILE」(ムーンライトマイル)を歩くSF大作。すでに作品は吾郎の息子、歩の世代に突入しており、ますますもりあがってまいりました。
吾郎&ジャック(通称ロストマン)の時代は、ビルディングスペシャリスト(建設作業員)として表の道を歩いて月到達を目指す吾郎と、アメリカ軍人として裏の道から月を目指すロストマンが、やがて対立していくという人間ドラマが見所でしたが、次世代の歩は、人類初の月で生まれ育った子供、ムーンチャイルドとして、父親である吾郎と対立し、やがて、月世界の暗部と戦うために、テロリストと呼ばれている月開放戦線に参加するという展開になっています。政治、経済、軍事。あらゆるテーマを内包しつつ進んでいくこの大作。やたらと休載しがちなのがたまにキズですが、ひたすら面白いので追い続けております。はい。

見所は山ほどあるのですが、個人的にあげれば、致命的なほど対立している吾郎とロストマンが協力して宇宙空間での人命救助にあたるエピソードと、インド、パキスタンを核戦争に追い込もうとするテログループのエピソードで流れる、キング牧師のスピーチのシーン。
あれを読めただけでも、この作品を追い続けてきた甲斐があったなぁ。

スポンサーサイト

Tag:漫画  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

fake

Author:fake
管理人FAKEが日々気ままに戯言を書きつらねています。

リンク
最新トラックバック
検索フォーム