「All You Need Is Kill」を読みました

スーパーダッシュ文庫で、今度ハリウッドで映画化もされるという今作品。原作は桜坂洋先生です。
ラノベでハリウッド映画になるのって初めてではないでしょうか?しかも主演はトム・クルーズとかなんとか。確定なのかは知りませんが、そうだとしたらすごいですねー。ただ、気になるのは原作主人公であるキリヤ・ケイジは訓練校を出たばかりのルーキーという設定なので、けっこういい歳のトム・クルーズに出来るのでしょうか?

あらすじ
ギタイと呼ばれる謎の怪物達に蹂躙されつつある地球で戦う新兵キリヤは、初陣で戦死した後、出撃前の時間にタイムスリップしてしまう日を何度も繰り返す。延々と続く戦闘とそれに伴う死の中、出口を目指してもがく彼を待つ運命とは―――

1冊完結なのでサクッと読み終えてしまいましたが、満足度は充分でした。別作品である「よくわかる現代魔法」のほうも読んでみようかしらん。
All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2004/12/18)
桜坂 洋

商品詳細を見る


「同人ハート2」ジリジリ製作中(実際はもう少し進んでますが、1P目の続き)
herat001.jpg

スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

fake

Author:fake
管理人FAKEが日々気ままに戯言を書きつらねています。

リンク
最新トラックバック
検索フォーム