「亭主元気で犬がいい」

ぐわああぁあぁ!PCが重いぃぃぃ!

ただでさえ私用で時間をとられたのに、PCの掃除でさらに時間を削られ、けっきょく昨日は作業がほとんどできませんでした。がぼーん。

ヤンジャン連載中「ノノノノ」インターハイついに終結。ラストジャンプで体勢を崩したネガティブヘタレジャンパー岸谷の運命は―――。
うーん。大会は終わりましたが、肝心の岸谷の生命の安否は次回に持ち越しでしたねー。にしても、やはり、いいキャラですな岸谷は。「ここで寿命が尽きてもいい。だから神様、俺に勝たせてくれ!」のシーンは良かった。つか、インターハイ終わったら、どうすんでしょ、この作品。

ビッグコミックスペリオール連載中、太田垣康男先生作「MOONLIGHT MILE」がひさしぶりに載ってました。この作品も第1話から追いかけているお気に入りです。最新単行本が30日に発売されるらしいので忘れないようにしなければばばば。
スペリオールでチェックしていたのは「MOONLIGHT MILE」と「キーチVS」ぐらいだったんですが、徳弘正也先生新連載の「亭主元気で犬がいい」が面白い。猟奇殺人犯の兄のため、いわれなき差別に苦しんできた娘マリと、「それは兄貴の罪で、あんたの罪じゃない」とマリの自殺を思いとどまらせた中年男連太郎。周囲の反対を押し切り、結婚したふたりだったが、連太郎に悪意の手が―――。

「ふぐマン」終了後の連載ですが、「シェイプアップ乱」からこっち、おそらくジャンプ一筋だった徳弘先生の初の小学館雑誌での連載じゃないでしょうか。別に、そのこと自体めずらしくありませんが、今回の話のなか、あきらかに徳弘先生であろうキャラが神社で、「小学館様に見捨てられたら後がありません。どうか新連載が当たりますように」と願をかけてたのが気になる。一体なにがあったんでしょうか?自虐なのかネタなのか知りませんが不覚にも笑ってしまいました。実際面白いし、コミックスが出たら買うのでがんばってくださーい。
ノノノノ 12 (ヤングジャンプコミックス)ノノノノ 12 (ヤングジャンプコミックス)
(2010/10/19)
岡本 倫

商品詳細を見る

MOONLIGHT MILE 20 2人のロストマン (ビッグコミックス)MOONLIGHT MILE 20 2人のロストマン (ビッグコミックス)
(2010/05/28)
太田垣 康男

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Tag:漫画  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

fake

Author:fake
管理人FAKEが日々気ままに戯言を書きつらねています。

リンク
最新トラックバック
検索フォーム