「慶子先生」イラストを

サイトに追加しました。

知ってる人は知ってるでしょうが、「ピンボール慶子」というタイトルは、原作にある「ボディでゴルフゲームの巻」でのワンシーンをイメージしたものです。風邪をひいたため、いずみ達のお見舞いをうけた慶子先生だったが、薬を飲みすぎて寝込んでしまい、菊丸に、あれやこれやの悪戯をされてしまうという話でして。
しかし、あらためて読みなおして思うのは、菊丸はつくづくアグレッシブな主人公だったなー、ていうか、獣だなーと。
寸止めエッチ漫画はけっして廃れたわけではないんですが(むしろ、悪化増殖してるといえる)、総じて主人公が受身というか、草食系なんですよねー。そんな気もないのにエッチなハプニングに襲われ、「うわああ~」という、いわゆるラッキースケベばっかりで。いえ、まあ、悪くはないんですよ。なんだかんだで好きですし。ただ、その熱意を他で使えんのかと言いたくなる勢いでヒロイン達に突撃する主人公が少ないというのも寂しいもんで。

そういえば、エロゲ界におけるその手のキャラの代表格、ランスの新作が発売されるそうで。ランスシリーズは超のつく名作揃いなので、非常に楽しみです。あの、「わはははー」という笑い声が早く聞きたいもんです。(つっても、ボイスは無しがランスの基本ですが)
スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

fake

Author:fake
管理人FAKEが日々気ままに戯言を書きつらねています。

リンク
最新トラックバック
検索フォーム