グラスゴーの「結実」

ロンドン五輪サッカー、グループステージにおいて、我らが日本代表が優勝候補のスペインを1-0で破り幸先のいいスタートを切りました。この結果に国内はもちろん国外も大騒ぎしてますが、大番狂わせまではともかく、グラスゴーの「奇跡」とまでは言いすぎではないかなーと思ったりします。リアル俺の空やってる中田英寿元日本代表が参加していたアトランタ五輪におけるブラジル戦の勝利(1-0)の場合は、実力差や試合展開からいっても奇跡と言われても仕方ないかもしれませんが、スペイン戦は現在の底上げされた日本サッカーなら順当まではいかなくても充分想定内かと。
少なくとも最初から最後まで足を止めず走り続け、ガッツリ掴んだ勝利は棚ボタ的な「奇跡」ではなく努力の「結実」であるとヒッソリ思ってたりします。
しかし毎度怖いのは勝利に浮かれるメディアの反応。強豪に勝った途端メダルが見えるだの夢じゃないだの、まだ一試合終わったばかりなんですけどねぇ。いやまあわかるけど。
次の試合も良い結果が出ますように。あと怪我人が出ませんように。
スポンサーサイト

Tag:未分類  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

fake

Author:fake
管理人FAKEが日々気ままに戯言を書きつらねています。

リンク
最新トラックバック
検索フォーム